整形外科 / 外科 / 内科 / リハビリテーション科 / リウマチ科 / 泌尿器科 / ペインクリニック整形外科 / 麻酔科

山田整形外科病院

診療科のご案内

ペインクリニック整形外科

当院ペインクリニック整形外科の紹介
ペインとは、英語で「痛み」のこと。ですから、ペインクリニック科は、患者さんの体を臓器別に診療するのではなく、 「痛み」を中心に疾患を診ていく診療科です。主な対象疾患は、顎部痛、腰痛、肩痛、膝痛、手の痛み、足の痛みなどの整形外科疾患すべてが対象となります。その他、頭痛、肩こり、冷え症、帯状疱疹後神経痛、手術後や外傷後の疼痛、線維筋痛症や筋筋膜症疼痛症候群、原因が見つからない疼痛なども対象となります。

ペインクリニックの代表的な治療法は「神経ブロック注射」です。注射は誰にとっても怖いものです。しかし痛みが強いときは神経ブロック注射が唯一有効な治療法になる場合があります。当科では、安全で、確実な治療を行うために、超音 波ガイド下で、神経ブロック、関節腔内注射、腱鞘内注射などを行っています。また、注射針による穿刺の疼痛を少なくするために、できるだけ細い注射針とブロック針を使用しています。そして、最近、話題になっている筋膜リリース注射 も、超音波ガイド下に正確に行っています。

当科では、神経ブロック治療以外にも、鍼灸治療、漢方治療、経穴(つぼ)の概念を取り入れた経穴注射、抜缶刺絡治療などの 東洋医学的治療も積極的に併用しています。さらに、運動リハビリテーションの治療も病態に合わせて行っています。
また、近年消炎鎮痛薬以外にも新しい効果的な鎮痛薬も病態に応じて併用しています。現在置かれている患者さんの痛みを できるだけよく理解して、個々の患者さんに適した治療法をお互いに考えていきたいと思っていますので、ペインクリニック科に 馴染みのない方もお気軽にご相談ください。
ペインクリニックの適応疾患
基本的には外傷や手術適応を除く、様々な疼痛疾患となります。具体的には下記の疾患が対象となります。
  • 関節痛(手指、足趾、手関節、足関節、肘関節、肩関節「五十肩を含む」、股関節などの痛み、関節リュウマチなどのリウマチ性疾患なども含む)
  • 腱鞘炎(手、肘、足、膝の腱鞘炎、リウマチ性疾患なども含む)
  • 腰痛(椎間板ヘルニア、いわゆるぎっくり腰、変形性腰椎症、腰部脊柱管恊狭窄症、骨粗鬆症、筋筋膜性腰痛症いわゆる原因不明の腰痛症)
  • 頸肩腕痛(頸椎椎間板ヘルニア、頸椎症性神経根症、頸部脊柱管狭窄症、いわゆる肩こりなど)
  • 神経障害性疼痛(手根管症候群、足根管症候群、肋間神経痛などを含む全身の神経絞扼性障害)
  • 頭痛(片頭痛、緊張型頭痛など)
  • 帯状疱疹、帯状疱疹後神経痛
  • 顔面痛(三叉神経痛、顎関節症など)
  • 筋筋膜症疼痛症候群、線維筋痛症、リウマチ性多発筋痛症
  • 冷え症、月経前症候群、更年期症候群にともなう疼痛、術後や外傷後の疼痛

筋筋膜性疼痛症候群や線維筋痛症などの慢性難治性疼痛などに長期間 悩まされている患者様は、初めて当科を受診される場合、できるだけ火曜日と木曜日の完全予約時間帯にお願いします。

▲ ページの先頭に戻る